絆(きずな)|加山雄三さんがNTTタウンページCMキャラクターだった時代

引越しのときに捨てて後悔しているのは、昔のレコードだ。プレイヤーも捨てたのだから聴けないのだけれど、中古レコードが高く売買される今、お宝が相当あったはず。取り返しのつかないものほどブルーな気分になる。   それでも記念に取っておいたレコードは数枚ある。いちばん思い出が深いのは、加山雄三さんの1986年リリースのアルバム「はるかな未来へ」だ。1976年に「海その愛」で復活した加山さんがすっ […]

自分で家具を買う喜びが不幸に転じた理由

すずめのお宿緑地公園

自由が丘での同棲を解消し、5歳の息子を連れて引越したのが目黒区碑文谷のマンション。目黒通りから少し入ったところにあり、ダイエーの大型店舗まで歩いて5分だった。すずめのお宿緑地公園やサレジオ教会といった名所も近く、静かで緑の多い環境はボロボロになっていた心を癒してくれる。   何より嬉しかったのは、好き勝手にインテリアをいじれること。父の愛人が置いていった洋服ダンスやドレッサーといった家具 […]

離婚のあとは同棲ブルー、放蕩娘に訪れた人生の転機

同棲

子どもが2歳になる前に、私は生活のほとんどを南馬込のマンションから、実家の鎌倉市七里ガ浜に移した。目黒にある父の会社で夫は働いていたけれど、仕事や上司に対する不平不満をネチネチ言われたくないのが大きな要因だった。あとは「マタニティブルーを解消したのは育児書よりも祖母の豊富な経験」に書いたように、週末になると義父母の家に入り浸るワンパターンさに嫌気がさしていたのである。ビルを所有し、銀座にも上野にも […]

ソラシド・マーチ

リコーダー

子どもたちが小学生のうちに、ぜひともマスターして欲しいのは、何かの楽器を演奏できるようになること。そして音符が読めるようになることだと思います。よく「ギターのコードなら分かるけど、音符は無理」という方がいらっしゃいますが、きっと音楽の時間に習ったはずだろうに、もったいないです。音符が読み書きできたら、作曲家への道も開けますからね(作詞家になるにも必須条件です)。   私たちが言葉を読み書 […]

マタニティブルーを解消したのは育児書よりも祖母の豊富な経験

マイホーム

夢から醒めたと言えばいいのか、私は結婚してから半年で夫に嫌気がさしていた。会社が休みの日は義母の待つ実家に入り浸り、一日中スポーツ番組を見ている。「どこか遊びにいきたい」とねだれば、茶箪笥のお財布から数千円を抜き出して、義父母、義兄一家、義姉一家、私たち夫婦で食べるケーキを近所まで買いに行く。夜は子どもたちがドタドタ走り回る茶の間で、みんなが一つの大皿をつつく食事をして、あくびが出る頃になるとやっ […]

銀座とは名ばかりの商店街で買い物ブルー

逗子から横須賀線に乗って東京に向かうとき、武蔵小杉駅を過ぎると私はいつも右側の窓を注視する。西大井駅の手前で、20代前半のころに住んでいたマンションが見えるからだ。一瞬のことなので、スマホを向けてもボケた写真しか撮れないが、あの部屋には何代目の住人が住んでいるんだろう。     目黒で父と同居した半年後、新婚夫婦の私たちは大田区南馬込の新築マンションに越してきた。横を新幹線が走 […]

衣類の引越しと断捨離が失敗した理由

衣類

急ぎ過ぎた結婚は悔いを残す。3月に大学を卒業した私は5月に挙式。新居となる南馬込のマンションが完成するのは半年後なので、父が平日の宿泊に使っていた目黒のマンションを間借りすることになった。2DKの一部屋は私たち夫婦、もう一部屋は父が使うという奇妙な新婚生活の始まりである。   鎌倉市七里ガ浜にある実家に比べたら、マンションの部屋は都会サイズでとにかく狭い。キッチン道具や食器などは既に置い […]

マリッジブルーと引越しブルーのWパンチだった新婚生活

婚約指輪

女子大生のほとんどが在学中に婚約して、卒業したらすぐ結婚式。美智子様の出身校で知られるお嬢様大学は、私が通っていた当時、就職よりも結婚のプライオリティが高かった。卒業式には左手の薬指に宝石を輝かせ、家族と一緒に婚約者も同席するのが勝ち組だったのだ。   YEARBOOKという卒業アルバムに載る個人写真は、キャンパスのベストポイントを背景にカメラマンが時間をかけて撮影する。数が限られたアル […]

こころ天気になあれ

家猫

マンションで一人暮らしの私は、人恋しくなると散歩に出ます。歩くのは昔ながらの民家が並ぶ狭い路地で、時間帯は夕方。開いた窓から大相撲のナレーションが聞こえてきたり、サンマを焼く匂いが漂ってきたり、それぞれの暮らしを垣間見ることができるからです。   夕方でも特に好きなのは夏の土曜日でしょうか。 日に焼けて部活から帰ってきた子どもたちが「バイバ-イ!」と手を振りながら、それぞれの家に入ってい […]

独りで部屋を片付けた22歳の引越しブルー

本の処分

15回に及んだ私の引越しは地名を挙げると、小松(愛媛県)、徳島(愛媛県)、六角橋(神奈川県)、片瀬(神奈川県)、七里ヶ浜(神奈川県)、田園調布(東京都)、南馬込(東京都)、自由が丘(東京都)、碑文谷(東京都)、津(神奈川県)、目黒(東京都)、恵比寿(東京都)、逗子(神奈川県)。ただしこの中でも出て行ったり戻ったりを繰り返した場所があるため、総じた引越しの回数は30回ぐらいかもしれない。   […]

1 2 4